人気ブログランキング |

文仁皇太嗣が沈黙する理由

もともと秋篠宮文仁殿下は、スポーツマンで負けず嫌い。気性も温厚というよりむしろ短気だ。
c0385678_14251850.jpg

私は温厚ですが、今の野党や反日勢力にはもううんざりです。反日fatigue(疲労、げんなり)です。

c0385678_17333631.jpg
そんな短気キャラの秋篠宮さまが、まるで何も考えていないかのようなポーカーフェイスをするのは実は精神力がいるに違いない。

何せ
完全無欠な愛妻へのいわれなきディスりは毎日だし
長女はゲロ男と偽マコを使ったインチキ婚約内定ビデオまでテレビ放映されるし
次女は韓国ダンスの偽カコ画像をガンガン流されるし
何と、皇位継承第2位の悠仁さまは殺人未遂事件まで起こされている。

これで怒らない男がいるか?怒髪天をついているに決まってるじゃないか。
なのに、「秋篠宮殿下は何もおっしゃらない、おかしい。何もコメントしないなんて卑怯だ」と反日勢力は言う。
これが罠であることは一目瞭然だ。
言ったことを言ってないとしたり、内容を全く翻したり、言ってもいない事を言ったことにする。
そんな事をあいつらは平気でやる。安倍総理にもやる。何の証拠も出てこないモリカケ問題を一体いつまで引っ張るんだ、野党。
卑しくも、日本国の最高トップ政治家にすらそうだ。
タイでのASEAN会議控え室で盗撮したのは誰だ?11月4日に韓国人のトップである大統領文在寅がやったじゃないか。
あいつにすら、日本トップ政治家である安倍首相は利用された。じゃあ、秋篠宮文仁殿下がどうやって自分を守る?
沈黙しかないじゃないか。
国民が守れるのか?守れないじゃないか。日本国民はまだまだ覚醒していない。だから文仁殿下は沈黙しているんだ。
秋篠宮殿下が
「令和天皇皇后を殺したい」と言っているくらいの大ウソは平気で拡散するに決まっている。

c0385678_21050450.jpg
ねえ弟、罠に落ちて僕を安泰にしてよ。
国益にかなわないので拒否します、兄上。



秋篠宮家を応援するあなたは内閣支持率調査に1票。
パヨクのせいで支持が低下している。是非とも1日1票を。

本日の内閣支持率調査」



で、プチエンジェルとは何か?というあなたはこちらから

*児童への性虐待、売買春組織による「プチエンジェル事件」に関与したのは徳仁氏です。
秋篠宮文仁様ではありません。しかも令和天皇は創価学会との繋がりが指摘されています。廃帝にするべきです。
プチエンジェル事件とヤフオク事件

官邸メールに、韓国のホワイト国外しの件を書くのももちろんOK


文例:世界中探しても、自国を蔑むマスゴミは日本にしか存在しません。
少なくとも、皇族が自由に発言してそれをそのままを報道するマスコミにだけ報道の権利を与えるべきです。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

追記
Nエイチケーにインターネット課金をさせない為のパブコメを出そう。
日本放送協会のインターネット活用業務実施基準の変更案の認可申請の取扱いに関する総務省の基本的考え方についての意見募集。

文例:●Hケーのインターネット課金に大反対します。むしろ、テレビの受信料を廃止するべきです。




トラックバックURL : https://naruzu3.exblog.jp/tb/30565662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さざれ石 at 2019-11-13 10:50 x
ナルズさんお久しぶりです。
今目に見える皇室は粛々と(淡々と)徳仁天皇で進んでいます。
もちろん、怒りや落胆もありますが、秋篠宮様皆さまは真の神様が御守りされている。
そして、微塵も揺らぎがないのが、その立ち姿から現れていますよね。
必ず秋篠宮様が天皇、皇統は悠仁様へと繋がる。
ただ、私達もできることはしましょう。

今日NHKのパブコメしました。足湯さんもナルズさんも皆さまも繋がっている!

Commented by naruzu3 at 2019-11-14 07:10
> さざれ石さん、コメントありがとうございます。
我々が日本人としてこの世で人生を全うするためには、皇室を正しく
お支えする必要があります。
その一念で、毎日下手くそな文章書いて必死に皇室問題を訴えているようなものです。
皇室を支えるのは、皇室のためというよりも、日本人が快適に暮らすためです。
こういうこと書くと、すぐお前はエゴイストだなんて食ってかかってくるやつが
いたりするんです。でも、書いたりして。
パブコメ、もう相当集まっているようです。でも気を抜かずに行きましょう。
ついでにあの放送局さんが解体に向かったら素晴らしいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by naruzu3 | 2019-11-13 00:00 | 秋篠宮家 | Trackback | Comments(2)