人気ブログランキング |

宮内庁は売国省庁なのか?


エヌHKにインターネット課金をさせない為、是非パブ(公)にコメ(意見)を。
日本放送協会のインターネット活用業務実施基準の変更案の認可申請の取扱いに関する総務省の基本的考え方についての意見募集2019年11月9日~12月8日
今回のパブコメは1ヶ月。絶対阻止したい人はとにかくメール。簡単便利だから、安心して臨もう。1日1回なんて縛りもない。
住所も氏名も年齢も記入しなくて大丈夫だからどんどん送ろう。動画を見るよりも、ずっと電池の減りが少ない。
PCならさらなり。

足湯でよもやま話さんにも掲載されていますので、じっくり読みたい方はどうぞ


まめはなさんが書いて下さったパブリックコメントの文例です。
組み合わせたり、ご自分の意見を入れたり、アレンジして使うことをこぶさんも勧めてます。

・エヌエイチケーはインターネット以前に解体し、スクランブル放送にすべき。
・国営放送としての矜持を喪ったNHKは、インターネットでお金を取るより受信料を見直すべき。
・中国韓国北朝鮮の宣伝機関になり下がったNHKは、解体して新たな国営放送局を作るべき。
・虚偽の反日報道をくり返すNHKはインターネット料金はおろか受信料そのものを取るべきでない。
・エヌエイチケーは中国韓国北朝鮮に乗っ取られ、海外報道で日本政府の意見とは真逆の捏造反日報道を行って国益を損ねている。
・エヌエイチケーは子会社を作り、本来禁止されているはずの営利活動を行っている。
・エヌエイチケー職員は日本国籍者のみに限るべき。
・エヌエイチケー職員は犯罪率が異常に高い。
・職員の給料、退職金が高すぎて不自然。公務員並みに落とすべき。
・腐り切ったエヌエイチケーの改革は不可能。解体して、外国人・帰化人・混血者を一切排除して、日本国籍者のみの新たな放送局を作るべき。

*わざわざカタカナでエヌエイチケーなどと表記するのは、アルファベット3文字だといかにも警告の感じで赤の点々が
出るんですよ。そんなだからエキサイトさんは反日売国奴だって糾弾されるんです。アメーバやライブドアよりは在日企業じゃ
ないはずなのだから、もっと毅然とした言論の自由を貫いてほしいものです。



c0385678_15543693.jpeg
ナルズさんは悪筆のため、美しい漢字を見るといいなあ素晴らしいなあと尊敬する。

これからも、たくさんのパブリックコメントが出てくる。今だって、何言ってんだかわからない謎パブコメはたくさん官庁から出ている。これを噛み砕いてきちんと問題提起してパブコメを伝える役目は重要だ。選挙時に、他ブログを攻撃してパブコメすら推進しない奴らなど、ただの売国奴だ。こういうことを書くと、また噛み付いてくるんだろうけれど、日本人に噛み付く方法みたいな
マニュアルがきちんと存在する事はもうわかっている。
1:日本人は、100回インチキの声闘攻撃をされると疲弊する。
2:日本人は論点をかわされると混乱する。
3:日本人は分断に弱い。
4:皇室に興味を持たないように仕向ければ、日本人はすぐに引っかかる。
どうやら、更に20項目くらい日本人攻略法があるらしい。
そんな日本人弱点徹底特集など、いつでもどこでも在日や同和が知り尽くしている。
ナルズさんがいいサンプルだ。いつもやられて、今も非論理的な声闘に対応を余儀なくされている。
c0385678_08180062.jpeg
ここの管理人は、つまりは頭悪いんだろうね弟。
同和や在日の様にルールを無視する姑息さが無いので、まともな日本人がチャラく見えるんでしょう兄上。


と、いうわけでとにかくレッドチームに利益を与えてやる政策はもうやめてもらおう。
日本人がせーので納税拒否をしたら、困るのは政府だ。それくらいの脅しを今後はしていこう。


まずあなたは内閣支持率調査。
パヨクのせいで支持が低下している。是非とも1日1票。

本日の内閣支持率調査」



で、プチエンジェルとは何か?というあなたはこちらから

*児童への性虐待、売買春組織による「プチエンジェル事件」に関与したのは徳仁氏です。
秋篠宮文仁様ではありません。
プチエンジェル事件とヤフオク事件

官邸メールに、韓国のホワイト国外しの件を書くのももちろんOK


文例:ジーSOMIAを離脱するという大韓民国の愚行を許しません。アメリカの顔に泥を塗った国を許してはならないと思います。
その韓国の愚行で、時間稼ぎをする中国共産党が日本を侵略しているのをもっと拡散して下さい。
ここまで読んでくれてありがとうございました。
トラックバックURL : https://naruzu3.exblog.jp/tb/30562959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by naruzu3 | 2019-11-15 00:00 | 日本を変えよう | Trackback | Comments(0)