人気ブログランキング |

皇族も地球人口も減る


c0385678_10065475.jpg
在日さんは釜山港へ逃げなさい。


在日さんには色々な逃避する選択があっていいですねえ。
でも、日本人には日本国土で生きて死ぬ。

c0385678_10184565.jpg

日本は、この地球という星に選ばれた国だ。


c0385678_08180062.jpeg
単に日本から逃げられないだけだね、弟
日本国を守ろうという気概ですよ、兄上


地球で生きられる人間の上限は100億人。
現在の地球人口は80億人だと言われている。
椅子は既に埋まった。
地球は無限に人間を受け入れる星ではない。
アメリカ人口は現段階で3億人。とある筋によると、今後は3000万人にまで減らす予定だそうだ。
当然と言えば当然の話で、アメリカ人の9割は、怠惰で自己中な人間だからだ。
中朝人に割り当てられた椅子は0だ。地球環境のためには、当然だ。
じゃあ、日本人は何人になるのか?
反日売国奴なんて、生き延びる資格はない。議員の95パーセントが反日売国奴で、
それが日本人の縮図だとしたら、我々は1億3千万人の5パーセント、650万人になるってことだ。
c0385678_11031018.jpg
残酷な殺され方をする日本人も多数出るでしょうね
でも地球のためですもの、喜んで殺されなさい

政府は、中国人のビザ規制緩和など行い、日本の治安を悪くする方向に舵を切った。
今後は殺人も頻発するだろう。生命も財産も危ぶまれる国になるわけだ。
何故か?
人口を減らすためだ。
今の今になってもボンクラでほほんと生きてるような国民は守らない。
政府も内閣も省庁も、我々にそうはっきり突きつけたということだ。
c0385678_20100548.jpg

皇族は大丈夫でしょ?
偽物皇族だって皇族のうちでしょ
違う?



たかだか、10パーセントの消費税も払えない国民などいらない。
自分で、調べたり考えたり悩んだりすることができない国民などいらない。
他人まかせで文句ばかり一人前の国民などいらない。
政府は、利用価値のある国民だけを守る。
そういう社会になっていく。
1億3千万人があまねく幸福でいられる日本国。
そんな幻想は、どんどん遠ざかる。
もちろん、反日売国奴も死滅していくだろう。
でも、善良であっても無知だったら国民も生き残れはしない。
勤勉で頭脳明晰。政府の操縦も巧みで、国益に叶う国民。
我々は、そんな国民にならなくてはならない。
熾烈な椅子取りゲームだ。
c0385678_15435665.jpeg

太平洋戦争では、300万人の尊い命が奪われた
でも、今後は桁違いの命が消えていく



人口爆発のアフリカは、地球環境を考えることのできる国のトップが育っていない。
我々は、将来を見据える代わりに大変な少数民族になる。
その時、日本は神道を掲げて高邁な思想を持っていられるのか?
国民にはその覚悟があるのか?


c0385678_07322964.jpg
日本は、まともな国だ。それは確かだ。
c0385678_10072003.jpg
アセアンはまだまとも。
ただし、中国が国を滅ぼした後は、中国人は華僑という名の下にあちこちで
卑怯な生き方をすることだろう。
c0385678_11414412.jpeg
キリスト教徒以外は、生きる価値がないのよ



日本人は、忍耐強くて地球を大事にしようとする精神がある。
おそらく日本人以外には全く期待できない考え方だ。
今後は我々の周囲にいる人間が20分の1になる。
その時のためにも、少なくとも官邸メールをする習慣をつけておいたほうが身のためだ。

まだ死にたくないと思った人は、とにかく官邸を味方にしたほうがいいからメール

文例1:皇太子殿下は、泌尿器疾患が深刻です。天皇即位などという重責を背負っていただくのは酷なので
    辞退していただきたいと思います。
文例2:皇太子殿下は、プチエンジェル事件やヤフオク事件の関わりについて何の説明もしていらっしゃいません。
    そんな方に皇位継承をしていただくのは国民として断固拒否です。
文例3:皇太子さまは、反日勢力と結託しているという話があります。調べてください。
文例4:皇太子徳仁殿下は、創価学会信者だと言われています。神道のトップなのに言語道断です。
文例5:徳仁皇太子は、創価学会との癒着、少女愛、宝物違法売買と、恐ろしい噂が渦巻いています。
    全てを払拭してくださらなければ、とてもではありませんが天皇即位など大反対です。
    
ここまで読んでくれてありがとうございました。



トラックバックURL : https://naruzu3.exblog.jp/tb/29896445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by naruzu3 | 2019-01-10 00:00 | 日本を変えよう | Trackback | Comments(0)