人気ブログランキング |

安倍首相は裏切者?

c0385678_10164006.jpg
そうよ総理、もっと国民を無視して裏切るのよ
私がどれだけ必死で天皇陛下を高麗神社に連れて行ったと思ってるの
今なお、どれだけ必死で靖国参拝参拝を阻止してると思ってるの
国民に、無力感を植え付けるためよ
そうすれば、抵抗もしないものよ


c0385678_14383831.jpg
安倍総理は消費税増税をしようとしている。
移民を大量に受け入れようとしている。
それは、安倍総理が反日売国奴だからなのか?
違う。政治家だからだ。
政治家は選挙に落ちたら終わりだし、資金がなくては何も出来ない。
国民は、経団連、組合、同和や創価学会ほどに議員に資金を出しているのか?
マルクスも言ってたじゃないか。団結して金を出せと(ちょっと違う)。


中国人留学生への多額の援助。
水道民営化。
中国人をはじめとする日本国の土地売買外国人に対する簡略化措置。
原発再稼働の延期に次ぐ延期。


何をとっても、安倍総理の売国対策にしか見えない。
でも、その何倍を当時の民主党がやった?
安倍内閣だから目立つだけじゃないか。
当時(9年前)に、民主党を勝たせた我々国民は、日本国を売国奴と協力して売り渡したのと同罪だ。
今更、安倍総理だけを悪党扱いするな。
今、安倍内閣を国賊扱いするのは、ただの分断工作だ。
騙されるな。
もちろん、安倍総理だって聖人君子ではない。
何もかもをお任せしていれば美しい日本を取り戻してくれるなんてとんでもない。
焚きつけたり、発破かけたり、成果をあげたら大ぼめしたりして、国民がコントロールしなければならない。


嫌韓から始まった日本人の反日勢力との戦いは、ラスボスが中国かと思ったらまだいたとわかった。
ラスボスはユダヤ資本だ、いやイルミニティーだと色々な声がある。
どんな勢力であるにしても、日本に鎖国の選択は出来ない以上、先進国が(自業自得とはいえ)移民政策で
苦しんでいる現状で、自国だけ移民を完全阻止など出来ない。
でもだからといって、安倍総理がユダヤやイルミニティの犬だという説が跋扈するのもおかしい。

c0385678_16261443.jpg
はあいみんな、僕でーす
金の出所は創価でーす
厚顔無恥は韓国人の特性でーす




だいたい、日本国民は真面目に官邸メールなどのツールを活用して
自分たちの思いを官邸に届けているのか?
最近は、毎日平均500メール。
昨年偽マコ騒動の時は、毎日1000メールだったのに。
つまり、日本国民はサボってるって事だ。

中国人留学生への多額の援助
水道民営化
中国人をはじめとする日本国の土地売買外国人に対する簡略化措置
原発再稼働の延期に次ぐ延期
これらを、国民は平然と見過ごしている。
そう取られても仕方がない状況だってことだ。
c0385678_08180062.jpeg
国民を脅しちゃダメだよね、弟
官邸メールを勧めるのはダメだと言う人までいますから、兄上

民主主義国家では、数字が勝負だ。
国民は今の国難を大した事ないと思ってると、官邸に判断されてもおかしくないじゃないか。
自分は官邸メールしてる。
毎日してる。
そう言う人も多いかもしれない。
ただ毎日必死に、娯楽のひとときを削ってメールしているナルズさんから見れば、
日本国民は絶対にサボっている。
そして、安倍総理にそのツケを回している。



c0385678_20100548.jpg
えーそんなものよ
日本人だって所詮は何も考えずに楽したいのよ


他人のせいにするのは簡単だ。
今後もっともっと、日本が困窮して格差社会になった時に、あの安倍総理は
ひどいやつだったと恨むようじゃ本物の愚民だ。
今できることもせず、掃除の時間に掃除道具で遊んでばかりの奴が
午後の授業で教室の床が汚いと文句を言うのと同じレベルの話だ。
c0385678_17183388.jpg
私を見なさい
私は1000年日本を恨めと言ったのに監獄行きよ
政治家にとって、国民は速攻で裏切る恐怖分子なのよ


政府の味方は国民だと内閣に思ってもらうのが近道だと思ったらこちら

文例1:国民が移民受け入れに大反対なので、と国民のせいにして国策を変更してください。
文例2:国民が中国人留学生への支援に大反対するので、と国民のせいにして国策を変更して下さい。
文例3:国民が創価学会の宮内庁進出に大反対なので、と国民のせいにして創価を排除して下さい。

ここまで読んでくれてありがとうございました。


トラックバックURL : https://naruzu3.exblog.jp/tb/29875378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by naruzu3 | 2018-12-06 00:00 | 日本を変えよう | Trackback | Comments(0)