人気ブログランキング |

足湯さん全文掲載記事:家は出しても戸籍は出さない蓮舫氏

反日議員と反日テレビの反日コラボ番組を懐かしく紹介。
本編はこちらです→昆布茶と塩麹
ではスタート↓

2016.11.30
XML
皆様こんにちは。
月末でちょっと忙しく,エントリーが滞っておりました。スミマセン。

先日、金スマに蓮舫氏が出演して、自宅や子供を公開していましたね。ご覧になりましたか?
内容はざっくりいうと↓の通り












細かいことは後で取り上げるとして、
私は蓮舫議員は戸籍は未だ2重国籍のままではないかと思っている。
その理由は遺残相続だ。

蓮舫氏の祖母は、台湾からのバナナ貿易で莫大な利益を上げた政商である。
彼女とその息子、謝哲信(蓮舫の父親)は日本の政治家にペーパーカンパニーを作らせたりして、巨大な富を築いた・・・ということが明らかになっているので、蓮舫氏の実家がTVに出た豪邸というのは納得がいくと思う。

とにかく、蓮舫氏の祖母と父親は裕福で、それを元手に日本の政界を牛耳っていた。
このあたりは、アゴラに詳細が書いてあるので、是非一読されたい。
(以下、アゴラの八幡氏の記事を抜粋)

蓮舫氏と祖母の陳杏村氏(蓮舫氏の画像は民進党サイトより:アゴラ編集部)

(八幡氏談)
我々は、たとえば岸元首相の金脈とか外国との関係についてかなりの情報を持っており、その人脈が現代にまで影響を残しているとして注視している。ならば、蓮舫が安倍首相の対抗馬になりたければ同等の情報開示が必要だろうし、まして、17年間外国人で32年間二重国籍者であったなら必要性は格段に高い。

しかも、戦前の上海での怪しげなビジネスでのし上がって、戦後は祖母と実父は政商として活動していたのである。政商とは蓮舫の母親がそういっているのである。

戦前のことは現代の中国と台湾の権力者とのつながりにつながるし、戦争直後に蒋介石の台湾から共産党の大陸にいちど逃げたとか言う動きも気になるが、蓮舫が生まれる前後からの動きだって十分に怪しげだ。

とくに、昭和41(1966)年に参議院農水委員会で公明党黒柳明議員から追求された件は以下のようなことだ。

戦後、陳杏村が狙いを定めて政商ぶりを発揮したのは、日台間のバナナ貿易だった。バナナが国内のほかのフルーツを圧迫することなどを理由に輸入制限されていたが、昭和38(1963)年になって輸入自由化が発表された。自由化で業者が乱立し、輸入競争が激化した。

そこで、カルテルを結んで安定させようとして、 昭和40(1965)年に設立されたのが「日本バナナ輸入組合」だ。この組合の初代理事長には砂田産業の砂田勝次郎氏が就任したが、これは神戸市を地元とする自民党の代議士で文部大臣などを務めた砂田重民氏の兄弟だ。

この一連の動きに台湾側の窓口として暗躍したのが、台湾で日本への輸出枠の50%を握っていた陳杏村であり、その息子の謝哲信らだった。そして、これは「黒い霧・台湾バナナ事件」が参議院農林水産委員会で昭和41年11月1日 に取り上げられているので、そのなかに以下のような注目すべき言葉がある。

質問したのは公明党の黒柳明参議院議員、答弁は主として三木武夫通産大臣だ。

「かつて日本が台湾バナナ輸入を自由化した当時から、国民政府によって輸出総量の50%の割り当てを与えられて、わが国の国内バナナ輸入業者に対して絶大な支配力を持っておる、こういう人が陳杏村

「陳杏村氏の令息に当たる人で謝哲義と謝哲信、こういう人がおります。今度はむすこさんのことですが、それぞれ砂田という日本人商社名をつけた多数のバナナ輸入会社を実質的に支配し、まかされております」

「この駐日弁事処は、日本の業者がかつて輸入バナナ一かごに何百円というリベートを持参しなければ台湾バナナを輸入しない、そういうようなことでリベートを取って、外為法違反容疑で警察から取り調べを受けた事件がある」

つまり、黒い霧として警察が調べたり国会で追及されたが立件されなかったのであるが、陳杏村がかかわる台湾側の組織が、日本の輸入業者からリべートをとったり、政治家にペーパーカンパニーをつくらせてそれを実質的に支配することで莫大な利益を上げていたと疑われたという事件だ。

そして輸入業者に本人や家族が関連している政治家としては、小泉純也、河野洋平、吉武恵市、砂田重民、大竹平八郎、蓮見進がいると名前が挙がっていた(すべてが陳杏村と関連していると言うことではない)。

謝哲信氏は、彼は同志社大学に留学し卒業したあと、母親である陳杏村のビジネスを、東京を拠点に手伝っていた。ホテルニュージャパンに住んで、毎晩、200~300万円の札束をポケットに銀座で豪遊していたと蓮舫へのインタビューで構成された「婦人画報」の記事にはある。

こうして築いた財産は、どうなったのだろうか。蓮舫は父親は台湾でいっさいの財産を残さなかった、国籍もどこか分からないと9月のYahoo!インタビューで話しているが、どういうことか。蓮舫の自宅は母親が経営する会社の名義になっているので資産公開でも出てこない。

野党の党首にして総理を狙おうとするなら国民はもう少し知って良いし、とくに、海外での部分は本人の協力がないと解明は難しい。それならそれでよいのでなく、謝家一族の現状、事業と資産について知らないで首相候補にして良いとは思えない。

また、蓮舫氏が戸籍など情報公開に応じないことと、関連があるのではないかと、疑ってみることくらいは誹謗ではあるまい。

(ここまで)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2重国籍ならば、遺産相続についても色々と融通が利くでしょう。
日本国に対しては、「台湾国籍だから」と台湾のパスポートを出して押し通せば、それ以上は追及されないのでは?(やったことがないので推察ですが)
実際それで外国人の扶養控除など、税税は優遇されていますし、生活保護の審査も日本人に比べて甘いですよね。ひとえにその理由は、外国籍で、海外の住所まで日本の役所が追及できないからです。
戸籍がある国はほんのわずかで、アメリカやヨーロッパには戸籍というものがありません。つまりその人がどこの誰か、いくらでも隠しようがあるのです。

蓮舫氏は、自分の夫である村田信之さんのことも、TVでこう言っていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
娘さんに家族の序列について聞くと、
蓮舫氏がずば抜けて上で、その下に双子の子供達、次にペット、そのずっとずっと下に旦那さんということを手で表現していました。
しかも、旦那さんは単独インタビュー。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の家族すら大事にできない人が、国民を大事にできるのでしょうか?
子供は血がつながってますけど、旦那さんは他人です。だからこそ、子供よりも旦那さんを大事にしたほうが家庭円満になるんですけれど、蓮舫氏はそうではない様子。
自分とその周りの人間(血縁)さえよければいいって、シナ共産党の習近平らと何が違うんでしょうか?

国民は旦那様と同じで、蓮舫氏にとっては他人ですから、やっぱり、どうなろうと知ったこっちゃないという仕打ちをしそうですよね。

私の知っている限り、ご主人が出世されていたり、仕事ができるとか評判のいい方は、すごく夫婦円満、家族円満な方が多いです。
家族の人間関係がいいから、みんな外で頑張れるんだと私は解釈していますが・・・。
こんな風に、子供に父親をバカにさせたままにしたり、それをTVで言ったりしないですよ。

蓮舫氏には、「家を公開する前に戸籍公開しろ!!」と私は言いたいです。

蓮舫氏としては、「できる女」としてご自身のイメージアップを図りたいんでしょうが、
国会での答弁を見てても、人の言葉尻だけ取り上げて批判する彼女は、まさに「リアルが見えてない」、目先のことしか見えてない、「できない女」ですよ。
・・・こんなのが野党第一党の党首で、年間2000万以上の給料を税金から払ってるのかと思えば、究極の無駄遣いとすら思えます。
支持する理由がどこにも見当たりません。


足湯さんの投稿は以上です。
蓮舫の売国を許したらいけないと思ったあなたは官邸メール。
文例:国籍が明確に日本だけの人間のみ、議員の資格を与えて下さい。

ここまで読んでくれてありがとうございました。




トラックバックURL : https://naruzu3.exblog.jp/tb/29636023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tktakuya46 at 2018-08-08 20:39
日本列島は混成エリア!単一民族じゃないですよ

日本民族本流/マルガイ、クソ韓国人台湾人
に別れています!

国籍は日本国籍となるマルガイも多く
国会議員などは元から殆どがマルガイ!

平成天皇もヒロヒトもマルガイと思われる!
秋篠宮に一昨年会いましたが、本人はどっちかわからんと言ってましたが、場合によっては秋篠宮は…公認結界エリアの中で会ったことあるような?とも思ってます

マルガイは単純に言えば、クソ韓国人台湾人
実態は宇宙勢力の地球人の真似のヒトタイプ
いくらでも変身したりもする。覚えてますか?

私芙蓉です。積水化学の事業課長
2000.4.1より芙蓉財閥財閥代表の菅野でございます
根本的に大王です

私は1969年昭和44年生まれで今年2018年で49歳
変身服に入ってればいいな!と期待もしてますが

40代以上の皆さんなら「日商岩井教育」、「小学生ルート」というのもありました

30代より若い皆さんなら
「小学生会議」
1999年の大阪の小学生から始まったというと重いかな?後の初期のNMB48のメンバーでもあります

1999年11月の日本の法曹界の何て言ったらいいのかな?朝まで生テレビに出て呼び掛けてくれたり
2000年3月に我々が目指していた大阪系卸会社5グループとの取引契約が商流革命と呼ばれ、フランス革命から始まる近代4番目の革命的出来事となり、そのあたりから小学生の集りも本格的になり、確か「小学生会議」という名称になったはず。「小学生会議のインターナショナル」とか国際的にも広がったのを覚えています

この辺が覚えてたり思い出しやすいのでは?
都市銀行のメガバンク化3行の発表の時は、
学生連合とか革命党とか

北朝鮮のサッカーの代表チームのキャプテンが
「兄と慕いたいような日本の国民の皆様~」
という話し出しから始り、日本では情報として流れてないかもしれませんが、北朝鮮は経済も国内情勢も安定化し…とその報告とお礼
http://tktakuya.blog84.fc2.com
もご覧いただければ幸いです

また、ミクシの超能力の妨害等があり苛立ちながら書いたのでブログが荒れてますが
https://ameblo.jp/tktakuya
も。スマホで動画を撮ってURLを貼り付けたりもしてます
Commented by naruzu3 at 2018-08-22 09:02
> tktakuya46さん、コメントありがとうございます。
日本列島、単一民族ではないというのは本当ですね。

嫌なことばかりで、もう全てを投げて金さえあれば
大丈夫な他国に移住したいと思う自分もあります。
金が無いので実行しませんけど。
メガバンク、ヒラリーとも繋がってるそうですね。
クリントンが、日本の金融をめちゃくちゃにしてクリントン財団を
太らせたのだから、それはその通りなんでしょう。
超能力の妨害があるようですが、そのテのことはあまり理解されないかも。
自分は全く超能力が無いので、第三者としてしか見られませんが、心から
応援しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by naruzu3 | 2018-07-26 00:00 | 足湯でよもやま話(笑)さんの全文掲載 | Trackback | Comments(2)