人気ブログランキング |

足湯さんの記事全文掲載:【拡散希望】グローバル化の弊害(教育)

足湯さんの記事全文掲載:【拡散希望】グローバル化の弊害(教育)_c0385678_14383831.jpg
安倍総理の支持率が、20%の30%の言っているテレビや新聞。
日本の報道メディアが極めておかしいというのは、実は欧米では有名だ。
本当は、支持率が70%を越えているとバレたら、『ほら、だから安倍は独裁者なんだ』って
報道するんだろうな。そしてますます相手にされなくなる。
せいぜい消費者からも不買されて、収入失って倒産していくがいい。
テロ組織は、日本人を大歓迎するそうだぞ。とっとと日本から出ていけ。

そんな大人気安倍政権に対する大反対の政策、移民推進。
キリスト教国や欧米諸国は、移民でも受け入れて贖罪しなくてはならないほど
極悪非道の限りを尽くしてきたんだから、別に勝手に苦しめばいい。
日本が、一体何をしたっていうんだ。
日本をダメにしたら、世界だってダメになる。
安倍政権がグローバルなんて発言するのはうわべだけで、
実はドメスディックに日本国を守る政策をとる。
そんな二枚舌なら大歓迎だ。
国民として、そんな2枚舌大歓迎を伝え続けなくてはいけない。
日本国民は、どんな知識を持っていたらグローバルのデメリットを理解できるのか。
そんな声に応える、足湯さん記事スタート↓

​​​皆様こんにちは。

安倍総理が放送自由化の話題に触れてから、
既存メディアが軒並み安倍政権を叩き、
TVと新聞がタッグを組んで「支持率低下!」と書きたてています。

電波が自由化され、様々な情報が飛び交うようになったら
既存メディアは死活問題ということでしょう。
それくらい電波の既得権益はマスコミにとって旨みがあるのでしょう。
国民とかけ離れた世論で政権を動かされるのはうんざりです。
(モリカケもそうですが)
・・・だったら、なおのこと、
電波利権に斬り込む安倍総理を支持しなければ!!
​  ↓​​
「今日の内閣支持率調査」​​
​​(黒い画面に移動し、安倍総理と内閣の支持率が集計されます)​​

​​​​ご協力ありがとうございます。

​​​ +++++++++++++++++++++++++++

四国は、離れ小島(新幹線もないし仰る通りですが)と揶揄されることが多いのですが、
こんな田舎であっても、道後温泉には外国人観光客がたくさん。
白人もアジア系もたくさん。
うちの子はこないだ、春休みで旅行に来たというアメリカ人親子をホテルまで案内してあげてました。

何回か、このブログでも書いた記憶がありますが、
公立小中学校もインターナショナル化し、
子供たちはインドネシア人や日中ハーフの子供と一緒に学校に通っています。
インドネシアのイスラム教の女子は、戒律で肌を見せてはいけないので、
スカートの下に体操服の長ズボンや、足首までのスパッツをはいて登校しています。
もしくは民族衣装の長いスカート。
もちろん頭にはヒジャブをかぶり、運動会でも長袖長ズボンで参加していました。
日本の学校は優しいですね。

ですが、来日当初は日本語がわからず、担当教員がつきます。
親御さんは全く日本語ができません。
よって、数人ならまだしも数が増えれば現場は大変。
学校からのお知らせプリント一つ読めないわけですから
いちいち通訳さんに入ってもらう必要があるわけです。
(私が知っている限り、通訳さんはその小学校に1人だけです。
1人で学年もクラスも違う子供たちを複数担当していらっしゃるようです)

欠席の時の連絡帳もしかり。
(通常、欠席する時は連絡帳に理由を書いて、印を押し、集団登校の時に同じ学年の子か、兄弟に担任まで届けてもらうようことづける)

でも、そういう外国人の親御さん、ほとんど姿を見せないんですよね。
話によれば、大学に国費留学生として来ているようなんだけど。

小学校の時に経験しましたが、
地区役員は、万が一の事態を想定して、集団登校で同じ班の子の家をチェックする仕事があるのですが、
ほとんどそういうのに出てこない。
よって、お子さんに何かあった時、連絡のしようがない。という状況が生まれるわけです。

四国でこれですから、首都圏近くはもっとすごいでしょう。
聞きましたよ、学校の半数が外国籍。運動会の放送が6か国語だとか。
 ↓
読売新聞(2018.3.31)より


これでは、学校の授業が困ります。
先生は日本語しか話せません(話せたとしても英語まで)
インドネシア語とか、中国語は話せないのですから
おのずと教育内容が簡単なものになってしまうのは容易に想像できます。​​​

「グローバル化」といえば開かれたイメージを持たれるかもしれませんが、
現場は大変です。
教育現場は、これから10年以内に、団塊世代の大量定年を迎え、教師不足に陥ります。
ただでさえ、昨今の教師は激務。
加えてモンスターペアレンツなどもいるわけで、
本来の授業に加えて、部活の顧問、保護者の対応もしなくちゃいけない。
以前、このブログにも書きましたが、
こんな田舎でも公立中学校の職員室には夜の9時、受験時期には夜10時まで明かりがついています。
朝はといえば、7時前に先生が待機(欠席連絡の電話がつながります)
独身時代ならいざ知らず、
結婚して、家庭も子供もいる職業としてはいかにプロといえど厳しいんじゃないでしょうか。
特に女性は。

下の子の学校では、私と同年代の先生(女性)が、
自分の子供が通学中、車の接触事故にあい、骨折したのに、
2ヶ月間の入院中、子供のお見舞いには2回しか行けなかった。・・・と聞きました。
「仕事が終わるときにはもう、病院の面会時間(~20時)終わってて。」
「私ができない分、お父さんが頑張ってくれたので」
・・・と先生は言っていましたが、
自分の子供を放置して他人の子供を教育するなんて、なんて大変なんだろうと思いました。

その上さらに外国人の子供の面倒まで見ろだなんて、無理に決まっています。
「差別だ」という人は、具体的にどのような対策を講じるべきか考える必要があります。

現場はもう手いっぱいです。
インドネシア語がわかる通訳はそう多くありません。(こちらでは)
自動翻訳機でも使いますか?
ついでに聞くならば、もし、公立学校に通う子供たちの家族が帰化しているなら
彼らは、日本の文化と伝統を尊重し、皇室に敬意を持ってくれていますか?
皇室の意義を知っていますか?

彼らの自由を認めるというのなら、
日本人の逆差別についても考えねばなりません。
言葉が不自由な子供のために全体の勉強が遅れること。
学校の規則が乱れがちになること。
意思疎通が不十分がゆえに、いさかいやケンカが多くなること。
彼らを教育するには、
現場の先生にインドネシア語や、ベトナム語や、中国語を教職課程で学ばせないと無理でしょう。

移民を受け入れろと言うならば、

日本語の話せない外国人の家族が地域社会や学校にどのような影響を及ぼすか、
そこも含めて受け入れろという会社や、団体はフォローする必要があるのではないでしょうか。
「受け入れろ」と言いっぱなしは誰にでもできます。

・・・経団連、聞いてます?
安倍総理・・・聞いてます?
だから私は、移民には反対です。

「グローバル化」という美辞麗句の陰に潜む弊害の一つにスポットを当ててみました。



トラックバックURL : https://naruzu3.exblog.jp/tb/29437298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by naruzu3 | 2018-04-21 00:00 | 足湯でよもやま話(笑)さんの全文掲載 | Trackback | Comments(0)