足湯でよもやま話さんの拡散希望記事:日本が日本でなくなるとき3

足湯さんのこのシリーズ「日本が日本でなくなるとき」は、衝撃シリーズだ。
今、足湯さんのブログでは、奄美大島への中国観光船寄港問題などを
取り上げているが、それとよく絡んだ話だ。
日本が反日勢力に乗っ取られる危険の存在に、もっともっと目をむけよう。
もーしもこの先
反日国である中朝韓が日本人をいいように殺すとなった時は、
日本人を楽になんて殺してくれないからな!!!!
あいつらは、抗日の反日の、様々な名称をつけて日本国と日本人を
なぶり殺していいという思想を70年も溜め込んできた。
差し出すのか?差し出したら最後
指を一本一本切断されるぞ?
ナイフで目を潰されるぞ?
それだけじゃないぞ。あいつらは、徹底的に陵辱する。
それを、日本女性に強いるのか、男子よ。日本を明け渡す?冗談じゃない。
失礼。足湯さんはそんな話をしたいんじゃないから安心して読んで欲しい。
それではスタート

2018.01.17
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​皆様こんにちは。

今日のサブタイトルは→​​「武力を使わずに他国を侵略し乗っ取る方法」​​です。
実はこれ、
​だいぶん前から行われており、日本で現在進行中です。​​
​ちなみに日本は侵略されている側で、きわめて分が悪い。
​終戦後から始まったといっても過言ではないでしょう。

70年も工作され続けているのですよ。

では、早速本題に入ります。

皆様はスイスが永世中立国ということはよくご存じだろうと思います。
永世中立国。というのはどこにも属さない国のこと。
孤高の独立国とでも表現しましょうか。

レフトな方々はよく「スイスを見習え。」と言いますが、
そのスイス、どんな国かご存知ですか?
「国民、皆兵」の国です。
​つまり、万が一戦争が起こったら、国民全員が国のために武器をとって戦う。という性格です。​​
そのスイスには各戸に核シェルターがあり、
武器が常備され、「民間防衛」という冊子が配布されています。





出版元・原書房による本の説明
 ↓↓
本書はスイス政府が、
その住民と国土を戦争・災害から守るためのマニュアルとして、
全国の各家庭に一冊ずつ配ったものの翻訳である。
官民それぞれが平時から準備すべき事柄が簡潔に具体的にまとめられ非常に参考になる。
この1冊で、戦争や災害などの、想定されるさまざまな局面と状況に対応できる!

↓以下、目次を一部抜粋します↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【平和】
われわれは危険な状態にあるのだろうか
深く考えてみると
祖国
国の自由と国民それぞれの自由
国家がうまく機能するために
良心の自由
理想と現実
受諾できない解決方法
全面戦争には全面防衛を
国土の防衛と女性
民間防災の組織
警報部隊
核兵器
生物兵器
化学兵器
堰堤の破壊
消化活動
救助活動
心理的な国土防衛

・・・・・・・・・・・・・
【戦争の危険】
民間防災合同演習
心理的な国土防衛
地域防衛隊と軍事経済
軍隊の部分的動員
全面動員
民間自警団の配備
妨害工作とスパイ
死刑
原爆による隣国の脅迫
放射能に対する防護
被監禁者と亡命者
危険が差し迫っている
警戒を倍加せよ
防衛

・・・・・・・・・・・・
【戦争】
奇襲
国防軍と民間防災組織の活動開始
戦時国際法
最後まで頑張る
用心
戦いか、死か
-----------
【戦争のもう一つの様相】
敵は同調者を求めている
外国の宣伝の力
経済的戦争
革命闘争の道具
革命闘争の目標
破壊活動
政治生活の混乱
テロ・クーデター・外国の介入

(後略。ここまで)


この中に、外国による侵略の手口について解説があるのですね。
それをまとめたパンフがあるのでご紹介します。
「正しい歴史認識・国益重視の外交・核武装の実現」ブログ様より転載。


例えば第5段階。
​「教育や宣伝メディアなどを利用し、自分で考える力を奪う」​​

  ↓↓↓
中国共産党の国営放送CCTV(中央電視台)と韓国のKBSと
​​ 渋谷の本社で同居するNHK。
しかもOBは東京23区内で最大規模を誇る共産党支持母体。
8月の終戦番組には、「衛生管理部隊の731部隊を細菌兵器を作ってばらまいた。」と喧伝し、共産主義者らが終戦後、昭和天皇の全国行啓に合わせて各地でテロを起こそうとしていた事実を隠蔽。
・・・↑これが「​​
公共放送」といえるのでしょうか?​​

​​
外国人の持ち株比率が20%を超えているけど
「議決権はないから放送法に違反しない」と強弁している、
 フジテレビをはじめ民放各局。​​​​

 朝鮮人社長の制作会社に番組制作を発注したり、
 スタッフに外国籍をばんばん採用してますが、これはどうなんですかね?

証拠↓




◆モリカケで散々フェイクニュース流しまくった、日本のTV局や朝日新聞。
  ​安倍総理を叩いて大々的にネガキャンやりましたね。


ほらほら、どこが公平中立ですか?
すでにTV局の奥深く、侵略外国人の巣窟はできあがっているのです。

​彼らマスコミには、もう自浄作用はありません。​​
だってもう、日本人ではないメンタリティに乗っ取られているのですもの。
こんなマスコミは潰すしかないですね。

​最近、視聴率の低さにさすがに危機感を覚えたのか、ちょっとまともなことを言う人を出すようになったけど、​それはあくまでポーズだから。同情したらダメですよ。

◆日本人の優しさにつけ込んで、恫喝して、時には殺人や強盗もして、
「差別だー」で日本人の反論を封じ、

力ずくで利権や特権を我がものにしてきたのが在日朝鮮人&中国人。

​​​​◆今は偽装難民を装って、生活保護や高額医療をたかりに外国人が続々と来日しているのが実情。特に多いのが中国。医療費のタカリもうなぎのぼり。
中国の人口がケタ違いだもの。
だけど治療してもらっておきながら病院から抜け出したり、医療費の不払いや踏み倒しが後を絶たず、ただでさえギリギリで回している現場の医師や看護師たちに多大な負荷がかかっているようです。
(医療だけでなく、サービスとか今はあらゆる業種が人手不足だけどね)

どうしてこんなに日本に押し寄せるかって?
​​◆「日本では楽して遊んで暮らせるよ。」って、生活保護の受給マニュアルや偽装難民出稼ぎマニュアルが流出している。

◆日本に渡航し、難民申請を出しつつ働くというのを斡旋する専門業者がいて、
 彼らは莫大な借金をして来日。その返済のために何としても日本に残る。

◆困っている外国人を助ける団体があり、市役所の窓口では共産党や公●党の議員が受給できるように口添えしている。

​​様々な「出稼ぎ難民(を食い物にする)ビジネス」​があるんですね。​​​
​​


特に利益に目ざとい中朝韓は悪質です。

日本に根付いたら、祖国から親兄弟、一族郎党を呼び寄せて生活保護申請。
覚えてます?
  ↓
​​なんで、来日直後の中国人が48人も一斉に生活保護申請するんだよ。
しかも大阪市、すぐにその75%に支給させたときた。バカなの?
​​

​​​
もう9年前の話だけど。証拠↓(2010.7.8:サーチナニュースより)




​★だけど、そんな偽装難民に立ち向かった、心ある自民党議員がいる。​
​​​「朝鮮総連の破産申し立て」を頑張っている、大阪の長尾敬衆議院議員だ。​​​
長尾議員のおかげで、法務省が重い腰を上げた。


​新しい振り分けシステム↓​

​今までは難民申請までにも時間がかかっていて、その間の数か月も彼らは日本で働けたわけだけど、今回の新しいシステムはそれを短縮化した。
もう、ぼちぼち運用されてることだと思う。

長尾議員、ありがとうございます。
坂東忠信氏も自身のブログ​で新しい法整備について説明しているので
詳しくはそちらもご覧ください。
(そしてよければぜひ、自民党や長尾議員のHPに、「ありがとう」を書き込んで応援してあげてください。何よりの力になると思います。)

・・・しかし、そんな実情を華麗にスル―。自分と自社の利益のために安い人件費で奴隷労働させようとする老害が、経団連に多数。​

未払い賃金は国の税金で払わせ、
必要なときだけ外国から受け入れ、不要になったらその辺に放逐する。

地域の治安は悪化、彼らに払う生活保護や未払い賃金で歳出は膨らみ、

​​本来使うべき道路の補修や保育所の拡充などの事業はすべて後まわし。
私達国民の生活を貧しくしているのは、
自分の懐さえ痛まなかったらいい。という、
こういう連中です。(公務員や官僚も含む)


・・・少子化で人件費が高騰しているので、
日本語がわからなくても外国人を受け入れろ!と主張する経団連。

日本語わからなかったら、騙して安い賃金で仕事させられるもんねぇ。
だけど、そういう行為こそ人権侵害ですし、外国人差別です。
国益にも反します!
そんなに安く働かせたかったら、AI搭載のロボット導入すれば?

私は、
今の日本は上の表でいうと

第5段階と同時にすでに最終段階に入っているように思われます。

・「自衛隊が守ってくれるんでしょ」「自分が生きとる間だけ戦争がなかったらいいよ。」という人。

・「黙って殺されます」「外国に逃げます。」・・というウーマン村本はじめ他多数。


・「竹島は(韓国に)あげたらいい。」という山本太郎参議院議員&在日外国人組織


・「大丈夫、中朝韓なんかへでもない。敵じゃない。」とあざ笑うネトウヨたち。 


​・「国の借金を返すために増税だ。」と言いながら、外国人の生活保護や福祉は垂れ流す、
  財務省と厚生労働省。​


​・日本人の若者を雇えば年金だ保険だと負担が増えるのに、
  なぜか外国人を雇うと補助金を出す国や自治体。経済産業省。​


​・「日本の少子化は深刻だから移民を入れるしかない」という経団連と竹中平蔵氏ら。
  他国からの移民受け入れを推進しようとする時点で。。。​
察し。


日々、薄氷を踏むがごとく ぎりぎりの攻防が続いています。

他にも証拠は様々、このブログで出してきました。

私は前から言っています。

​​私達の、日々の生活の上に、
地域社会(市町村)があり、
県があり、
国がある。 と。

私達の生活と、地域や、社会や、国や、世界はつながっているのです。

自分には関係ないと思って放っていると、痛い目を見るのは自分です。


どんなに残酷な現実であろうとも、
事実から目をそらしては何も解決しない。

​起死回生の一手は、まずありのままの現状把握から。

​無為、無知こそ最大の罪です。​

一度知った以上は、最後まであきらめない。​

やれることをやれるだけ頑張る。
当事者意識が道を切り開きます。

仕事も、家事も、育児も、人生って何事もそうでしょう。

それを考えれば、
戦後72年、大事なことを先送り先送りにしてきたツケはあまりにも大きかった。

だけど、今だからできることがある。
今しかできないことがある。

「クウネルアソブ(食う・寝る・遊ぶ)」だけの空っぽの人間でなく、
「考える葦」が増えますように。


せっかく縁あってこのブログに目を向けてくださった皆様、ありがとうございます。

どうかこの現実に目を向けて、
あなたなりにどうするか、何ができるか、考えてみてください。​​​​​​​​​​
もちろん、日々の生活の中にいろんな楽しみを見つけながら、ほんの数分でも。

 -------------------------
<余談>
色々と状況が切迫しているので、
このシリーズ、しばらく続きます。(たぶん)
長文ですし、重たい話題ですので、皆様のご負担になっていないか心配ですが、
様々なニュースソースをつなぎ合わせて、
できるだけわかりやすく解説できるよう努力しますので、
もう少しお付き合いください。m(v_v)m​​

以上です。
足湯さんの必死の文章に賛同した人は官邸メール
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

何が何でもスパイ防止法を制定して下さい。
どこの国にもある法律です。国際的に、日本は孤立してしまっています。
諸外国は、自国の都合でどんどん新法を議会で通過させるじゃないですか。
日本の立法府も、それくらいのフットワークを身につけて下さい。

ここまで読んでくれてありがとうございました。




[PR]
トラックバックURL : https://naruzu3.exblog.jp/tb/29294107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2018-02-14 08:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-02-14 12:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 足湯 at 2018-02-14 14:37 x
ナルズさん
いつもお世話になっております。
日本が特亜に侵略された折は、頼んでも殺してなどくれませんよ。
苦しむ姿を見てニヤニヤ笑いながらいたぶり、
それこそ殺された方がまし。という屈辱、仕打ちを際限なく受けると思います。
それを知っていたからこそ、先の戦争で女学生まで自決用の青酸カリを持っていたのです。
(94歳のおばあちゃんから聞いた話です。彼女は、呉市で学徒動員されていたとき、
 広島の原爆投下を見たといっていました。)
「死して虜囚の辱めを受けず」というのはそういう意味でもあります。
本当に、一刻も早く覚醒し、「スパイ防止法」を制定しなければマズイ。
老害退陣しろ。と願うのでした。マジで。
Commented by naruzu3 at 2018-02-15 15:26
> 非公開コメントさん、コメントありがとう。
中国の大型クルーズ船の寄港地問題、誘致なんて冗談じゃないよね。
断固拒否すべき案件だ。
反日国人と日本人売国奴とは、今は仲良くやってるけど、
本当の本当に日本が侵略されたら、売国奴は瞬時に抹殺されるのに。
重用してもらえると、真剣に信じてるんだろうかね。
いずれにしても、まさに愚か者だ。

Commented by naruzu3 at 2018-02-15 15:32
> 非公開コメントさん、コメントありがとう。
政治ブログでも、眞子さまの婚約延期について取り上げ始めたんだ。
遅いよ。いやいや、やっとこさ皇室問題を真剣に考えてくれたんだ。
大事な味方だから、引き続き、アプローチしていこう。
皇室問題は反日勢力のもたらしたものだ。それを繰り返し繰り返し
発信する。
今年は、ひたすらその線でいこう。

Commented by naruzu3 at 2018-02-15 15:38
> 足湯さん、コメントありがとうございます。
殺された方がまし、という屈辱、仕打ちを際限なく受けるだなんて
まさに生き地獄。
青酸カリは、苦しまずに死ねる。
苦しませて苦しませてなぶり殺す反日国家の連中と
万が一の際は、苦しまず、屈辱もうけずに死ねる様に青酸カリを渡す日本人。
どっちの方が人道的だというんだろうか。
非人道的であっても、自分に金銭授与をする側を選ぶって、それこそ
口無理矢理開けさせて青酸カリつっこみたくなります。
老害の皆様には、そんなんじゃ人道的すぎますか。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by naruzu3 | 2018-02-14 00:00 | 足湯でよもやま話(笑)さんの全文掲載 | Trackback | Comments(6)