人気ブログランキング |

皇族が乳がんになった

c0385678_10284026.jpg

画像は朝日新聞デジタルからお借りしました。1本眉で「私は美智子」をアピール

1500坪の家に住み、さらにでかい庭先でのジョギングを欠かさなかった美智子老女が体調不良になった。
(ヤブで有名な)宮内庁病院で検査をしたら、大変だ乳がんだった。そんなことじゃ、必死に働いて毎日クタクタで狭い家に住んでいる一般国民はどうやって健康を維持しろというんだ。
このフェイクニュースは、日本医師会と反日宮内庁職員の結託した大ミスだ。
近年は、80代でもどんどん手術をする。外科医は執刀数が命なので、もう先の短い老人に実験マウスになってもらおうとしてる。
まさか、その習慣が皇族にまで適応されるとは思っていなかったが嘘でも本当でも別にいい。国民がどれだけ動揺するかを
探ってるだけだったりして。
駆け出しの医師にとって、人間の内臓って水分多いから、最初のうちは切ってもどこがどの臓器だかわからない。
乳がんなら、腹部内臓ではないのでわかりやすくていい。
術死は、術後30日までと定義されているから、大変だ手術室で死んでしまったなんてことはほぼない。もしそんなことになったら裁判沙汰だ。金の動くところは汚い。

乳がんは、進行が遅いガンだ。しかも高齢で早期発見なら治癒率も高い。そんな奴にガン患者のふりをさせてるとしたら何が目的なんだ。
1:フネさんカツラと言われている化学繊維でできているカツラで、偽物美智子の頭皮トラブルが続出した
2:宮内庁病院へ、富裕層中朝様のために最新のMRIなどの高額検査機器を導入する口実が欲しい
3:中朝様からの金銭補助が減ったため、偽物をリストラする口実が必要

そんなところじゃないのかね。本当に乳がんだったらお気の毒だけど、80代で手術したいと思うかな。
手術は痛いよ。検査もたくさん必要で大変だ。病巣が早期でリンパ節に遠い場所で1㎝だとしても、周囲も必ず切除する。人間は切られると大変だ。大怪我をしたのと同じだ。
術後の放射線治療があるとしたら、脱毛は免れない。あ、それかな目的は。今時の医療用カツラは出来がいいから、若返って
皇后に戻ろうとしてるのかも。
乳がんは、生存率も高いし早期発見だったらまず命は大丈夫だろう。10年検査を継続するけど、ってあいつら今後も10年
生きるつもりなのか?富裕層中朝様が日本でガン治療をしたがっているというのはマスゴミですら報道している。今後10年も中朝様患者は増える。それを見越しての宮内庁病院検査機器購入計画?MRIひとつだって買うと高額だし定期的にメンテがいる。その費用を中朝さまに押し付けるのはやぶさかではないが、ガン患者は、手術で50万円、その後の放射線治療も50万円かかる(健康保険←これはアイヌ問題のバーターで相当富裕層中朝様への負担が増えた)が部屋代を考えると費用は倍以上かかるだろう。今後はますますだ。まともな日本国民はたまったもんじゃない。あいつらがガン治療に来日したら、日本国民の10倍以上の医療費を請求するようにして欲しい。

ガン患者の生存率は上がった。でも治療値段は下がらない。しかし、諸外国の富裕層からしたら、それでも日本で治療を受けたいようだ。つまり、世界一日本は医療技術があるという事だろう。そりゃそうだ、医師なんて不器用な奴も多いが他国の人間よりは
はるかにマシだ。何せあいつら、折り紙で鶴折るときに「端を揃える」こともできないんだから←事実

でも、中朝人から金を巻き上げて日本が潤うなんて事はない。
病棟は、医師に看護師に看護助手に受付担当に通訳に、スタッフだけでも大変な人数だし金もかかる。
そこで中朝人に生物テロされて、「日本で殺された。謝罪と賠償をしろ」と言われる未来が待っている。そのツケを払うのは我々日本国民だ。冗談じゃない。
c0385678_08180062.jpeg
僕は、どこで何をしても楽でいいから金持ちっていいねえ、弟。
あなたの倫理観をよく表していますね、兄上。

安倍内閣支持はこちらから

文例1:在日外国人が通名を使用することに断固反対です。
例えば、青葉などという容疑者の国籍は早くきちんと公表するべきです。
文例2:消費税を廃止して下さい。生活に困窮しています。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

# by naruzu3 | 2019-08-25 00:00 | 皇室問題 | Trackback | Comments(0)

c0385678_10215999.jpg
投稿内容とは無関係の浅草(せんそう)寺。外国人に大人気。
日本人としては赤色が強すぎて品がなく感じるんだけど、まあ日本の神様は派手好きらしいからいいのかな。

フランス国民、特に富裕層は全く愛国心がない。
マクロン大統領が「富裕層にはもっと税負担を強化する」という素晴らしい対策を打ち出した途端に富裕層の多くが国外脱出をししている。どこの国も、富裕層は大歓迎だ。日本は今後、そういう外人を捕まえて、いらない外人を叩き出す政策を取ったほうがいい。
今現在、おフランスに入ってくるのはアフリカからの難民ばかり。フランス、平気なのか?偉大なるかつてのギリシャ・ローマになるぞ。まあそれが欧州文化なのだろうか。19世紀のフランス革命では、毎日5000人がずらっと並んで首切られた。良心的でまともなフランス人は、中国の文化大革命のごとく殺されたんだろう。その子孫が愛国心なんて持てるわけない。日本人に愛国心を持たさないために、反日売国奴が必死になるのも自国の歴史的背景があるんだろう。

日本には楽勝で1000年以上歴史がある。欧州には無い。アメリカのことを「歴史がない」と言うのが欧州の常套文句だが、そんなものお前らだってないだろうと言えるのが日本だ。気の毒すぎて言わないと、ナルズさんみたいにブログ虐殺団に捕まるから、同じ土俵に立つんじゃないなんていう上品な言葉には背を向けろ。
日本は、もっと「冗談じゃない、ふざけるんじゃねーよ」と怒鳴るべきだ。
上品にしていては日本語特有(世界一罵倒語が少ない言語)ゆえ、あいつらには届かない。我々は、自分たちを守るためにもっと残虐になろう。
相手は、たしなみを心得ている紳士淑女ではない。ただの極悪人だ。

c0385678_08180062.jpeg
人なんて金だよね弟。
人は金ではありません兄上

拡散および、官邸メールをしましょう。
安倍内閣支持はこちらから

文例1:在日外国人が通名を使用することに断固反対です。
例えば、青葉などという容疑者の国籍は早くきちんと公表するべきです。
文例2:消費税を廃止して下さい。生活に困窮しています。

ここまで読んでくれてありがとうございました。


# by naruzu3 | 2019-08-24 00:00 | 悪質な捏造報道をするマスゴミ | Trackback | Comments(2)

自閉症の愛子さま

c0385678_14302969.jpeg
で、なぜこの場面に私の画像が出てくるんですか。
韓国のアランドロンと言われていることだけでも名誉毀損だと思っているのに。

自閉症は発達障害、精神遅滞、崩壊性障害などという言葉で呼ばれることが多かった。
授かってしまった両親や本人のことを考慮して、今は自閉症と呼ばれているが何となく「引きこもり」と同系列に見えるのが
引きこもりに対する逆差別のように感じる。

愛子さまは、自分一人では何もできない。愛子さまに限らず、健常者であっても教育を受けなければ人なんてただの野獣みたいなものだ。それは、自分の胸に聞いてみれば我々もよくわかるだろう。
今でも愛子さまは(生存確認できない)排泄が自立していない可能性もある。なにせ療育を適切に受けていない。障害児は、10歳までが勝負だ。10年も我が子にかかりきりになるなんて、親としては苦痛極まりないだろうが、放置して
社会性が自然と身につく事のない存在なのだからやらなくては。でなければ、毎日が幼少期のヘレンケラーだ。
ヘレンケラーは、見えず、聞こえず、話せずの3重苦を負ってしまい、家族は「この子は可哀想」として食事マナーを教えることもしなかった。だから、サリバン先生が怒涛の取っ組み合い?をしてやっと「WATER」が名詞であることを知り、発声を学び、その後は「障害は不幸ではありません。多少不便なだけです」と、言い切るすごい人となった。まあ、実家が金持ちだったからできたことだろうが、それを言うなら、日本の富裕層トップの皇族やってて両親はどうして何もしなかった?
なぜ、その頃プチエンジェル事件に関わったり青山の国連で浮気したりして現実逃避したんだ、同和夫妻。
*プチエンジェル事件に関与したのは秋篠宮さまではありません。一時期大変なフェイクニュースが横行しました。
関連記事


c0385678_08180062.jpeg
だって、日本人の女の子なら可愛いって聞いてこの仕事引き受けたのに障害児はないよね、弟。
あなたが今やらなければならないのは、廃帝の理由作りだけです兄上。

可哀想な愛子さまを一刻も早く助けだしたい善良な日本人は内閣支持と官邸メール

文例1:不法労働や不法滞在の外国人は、どんどん強制退去させてください。
文例2:欧米は遠距離の地点にありますが、中朝は隣です。危険なので彼らを中心に
排除してください。
文例:日本も、早急にフェイクニュース教育を始めて下さい。
文例:ヨーロッパ王室が性に乱れているのは知っていますが、日本皇室は祭祀を行わなければいけません。
よって、清らかであって欲しくメール致しました。


ここまで読んでくれてありがとうございました。


# by naruzu3 | 2019-08-23 00:00 | 偽アイコについて | Trackback | Comments(1)